好き嫌い、食わず嫌いをなくす教育

いままで深く考えたことなかったのですが、今の彼氏と一緒に住んでから食べ物好き嫌いについて頭を抱えるようになりました。

彼はびっくりするくらい嫌いなものが多いのです。

毎日ご飯をつくっては「これなに?大丈夫?」とか「え…これか…」など毎度毎度がっかりしています。

料理はいろいろなものを作れるほうなので、不満しか言われない毎日に将来の不安を感じています(笑)

聞けば、彼は小さいころから嫌いなものをがんばって食べるようにするといった教育を受けていなかったようで

嫌いなものは嫌いのまま、食わず嫌いもそのまま大人になってしまったようです。

私が小さいころ、半強制的に嫌いなものを食べさせられのがすごく嫌だったのを覚えていますが、まさかこんなにもその教育が大事だったとは驚きました。

魚はサバと鮭と秋刀魚しか食べられず、野菜はほうれん草以外食べたくないなどなど

好き嫌いが多いのはかっこ悪いと教えられてきた私は、何を言っても食べない彼に引いてしまいす(汗)

将来子供ができたときは、好き嫌いや食わず嫌いを克服する教育をがんばってしていかないとと強く思いました。