チバニアンという言葉を最近知りました

ネットニュースでチバニアンという言葉を聞いたときに最初に思ったのは千葉県の新らしいキャラクターの名前かなということです。ところがよく見てみると地球の歴史に関する名称で77万年前にN極とS極の磁力が逆転したことに関係していることがわかりました。

詳しくはもっと勉強しないといけませんが、地質年代でそのころの名称をチバニアンと命名することを国際学会に申請していることは理解できました。面白いのは同様にイタリアも自国にある証拠となる地層を有しているので、名前を申請しているところです。その争いに日本が勝ち、候補地として選ばれたことは素晴らしい出来事です。イタリアは違う時代をすでに命名しているので、日本が選ばれることは関係者の努力のたまものです。

気になるのは今回はあくまで一次審査をクリアしただけで、来年正式に命名されるまでにはあと3回審査が残っていることです。国際的に通じる名称を決めるので仕方ないとは思いますが、最後まで気を引き締めて頑張って欲しいです。

偶然テレビでチバニアンについて報道されてましたが、千葉県知事である森田健作さんが相変わらず元気一杯で、千葉県の魅力を世界に発信すると話していたのは楽しかったです。昔ドラマでよく見ていましたが、県知事でもエネルギッシュで正義感あふれる姿が健在なのはすごいと思っています。