春休み内輪の時。こどもとの共著工程。

過日卒園カテゴリーを終えて、春休み間の赤ん坊との時機。
今日赤ん坊がはまっておる、折り紙をつかった立体のボール(?)のようなものを作成しました。
赤ん坊はテキストを見ながら、おんなじモデルに何枚も折っていきます。
ちっちゃな手で困りながら折っているのをみていると、こっちの疲れも吹っ飛びます。

貫徹までに、折っているモデルを何個も作成しないといけないようで、
「それ、完成するのにいくつ折るの?」
と確認した場所、
「30個かなぁ。」
とのこと。

これは、長丁場になるなぁと待つことにしました。
(手つだいたいですが、ここはぐっと忍耐忍耐)

1時間程して、
「やっと折れた!!!」
とニコニコやる赤ん坊が私のところへやってきました。
どんなものが完成したのかと思い、
「いずれ、出来たの見せて」
というと、30個のおんなじ形の折り紙を持ってきました。

ん?

「これで出来上がり?」
と聞くと
「これを使ってボールみたいに作り上げるの。
ここから前文は、お父さんにまかせたよ。」
っと言いました。

どうやら、ここから築き上げるのはしんどいので
私のスタートのようです。

テキストを見ながら、築き上げるとこれが結構むずかしく・・・。
15パイほど格闘して、何とか貫徹しました。

完成したものを赤ん坊にあげると
「わー、やったー、有難う!」
といって、出来栄えを奥さんに見せにいきました。

赤ん坊の喜ぶ顔が見れてよかったよかった。

直後、赤ん坊の所に行くと、また新たに折り紙を折っていました。
更なるエントリーが来るようです・・・。