箱根と阿蘇山で遭遇したまさかの霧

降雨などによる空気中の水蒸気の増加や気温の低下など、発生の条件が重なり思いがけず霧に遭遇してしまうことがあります。

私が箱根と阿蘇山で遭遇した霧についてお伝えします。

以前勤めていた会社の同僚と私が箱根方面にドライブしたときのことです。

都内を暗いうちに出発しましたが、運悪く5mほどしか視界が利かない霧に遭遇してしまいました。 山間部を縫うように通るスカイラインを注意しながらゆっくり進む中、対向車のライトが見えたときは「ホッ」としました。 しかし、箱根峠や十国峠、さらに楽しみにしていた富士山の眺望どころか付近の山々も、すっぽり包まれた霧に遮られ、見ることができずがっかりしました。 箱根は霧の名所でもあります。

また、阿蘇山を目指したときも、車でロープウェイ乗り場まで向かう途中で濃霧に遭遇してしまいました。 ほとんど視界が利かない中、ほぼ直線の坂道をノロノロと進み、対向車もなく無事到着しました。 しかし、残念ながらロープウェイの運行は中止となり、阿蘇山に登ることができませんでした。

まさかの霧に遭遇し、視界が利かない中での運転は貴重な体験でしたが、果たせなかった富士山の眺望や阿蘇山の登山をぜひ実現させたいです。

自分の不注意で買い物が代引きになる

11月に使えるお金が無くてヤバいと思いながら、クレジットカードを使って本を購入しました。

クレジットカードを使った気でいたのに、申し込み履歴を見直したら代引きになっていて本気でビックリしました。

11月のお金の無さ具合が過去最高なので、節約をしないとかなり色んな物が落ちなくなると考え、財布の紐を締める宣言を周りにしたばかりなのに、何故こうなる?って感じです。でももうキャンセルも出来ず、代引きで払うしかないので、定期預金を切り崩して払う事にしました。本当は切り崩してはいけない部分なのですが、自分の不注意でやってしまった事なので、責任を持ってちゃんとしようと思い、切り崩しました。定期預金とはいえ自分の貯金があるのだから人に借りる気にはならないし何とかしようと思います。

大切な貯金を崩してしまったので、12月も節約しないと行けない事になりました。何時になってもお金が無いには悩まされ続ける人生なんだろうなとため息が出てしまいます。私よりお金がヤバいはずの兄は外で仕事をしようとしていて羨ましいです。私もそんな優雅な感じで仕事ができるお金に余裕が欲しいです。今の職業にいる限りは無理でしょうが、将来楽が出来る様に今のうち貯金はしておこうと思います。