メンバー内の掟ってこわい

あるブログを読んでいたら、ある人気グループの一人が脱退した理由が書いてあった。何気なく読んでみたが、グループ内の掟は絶対なのだと思った。

脱退したメンバーで、グループ結成当初より活動していた。創立メンバーでもあった。そのグループの中では独自の掟、ルールを作っていた。メンバーの悪口を言わない、自分だけでソロ活動をしない、ファンと付き合ってはいけないなどだ。

その掟を確認するため、週一回メンバー全員集まって食事会をすることにした。欠席は理由が必要という厳しいものだった。しかし、ある一人がファンの女の子に個人的に接触し、付き合ってしまう。そのことを知った他のメンバーは咎めたが、会ったのは一度だけ、今は会っていないと説明した。

リーダーは謝罪させ、二度としないことを約束させた。しかし、その裏では女の子との関係はずっと続いていたのだった。再三の注意にも関わらずメンバーの掟を破ったため、脱退するように促した。

世間への説明はやりたい仕事があるため、グループを脱退し、芸能関係からも離れるとした。この裏歴史のような存在となっているが、出演していた当初の動画が削除されずに残っているなど元メンバーとして扱っている。

市の子育て支援センターへ

2ヶ月になる娘を連れて、市の子育て支援センターに行って来ました。

徒歩10分のところにあるこの施設。最近できた建物でとてもきれい!一階にはオシャレなカフェがあり、とても市の施設とは思えませんでした。

二階には子どもを遊ばせることができるスペースがあり、この日もたくさんのお子さんとママ達がくつろいでいました。このスペースには常時保育士さんや保健師さんがいてくださり、子育てに関して色々相談にも乗ってもらえます。私も最近気になっている娘のあせもやオムツかぶれについて相談させてもらいました。ベテランママ!といった感じの保育士さんで、ケア方法などを実体験を交えて丁寧に教えてくれました。

また、同じ年代のママとの交流も楽しかったです。悩みの共有、子育て便利グッズの情報交換、保育園の評判についてなど、1人で家にいては得ることのできない情報を教えてもらい、とても勉強になりました。

そして何より私の心のリフレッシュになる!家で娘と2人きりになると、疲れているときなど、どうしても息苦しくなってしまいます。そのストレスを上手く発散させてくれる場所でした。市の施設だからと侮ることなかれ!これからも利用させてもらいます!

ありがとう日本代表回想

ワールドカップ日本代表!

まずは………お疲れ様でした、胸を張って凱旋ですね!

ワールドカップ予選では対コロンビアでは

10人対11人だったものの、コロンビアの猛攻をかいくぐりスキを与えないとても良いプレーでした。

続くセネガル戦、あの攻撃的なサッカーの攻めによくぞ!!耐えてくれました!

先制点を入れられた時はもうダメかと思った!

でも!でも!

乾のゴール、本田のゴールで価値ある

同点!!

そして色々あったポーランド戦。

あの試合は皆さん本当に苦しかったと思います。

色々な意味で…………

でも決勝トーナメントに行くための戦略だと思います!

勝負ごとですもん。

そしてベルギー戦まず

最初に原田の右からの先制ゴール

あの土壇場での薄いところでのゴール

完璧な流れでしたね。

ゴール決めた原田も凄い!けどその前の縦に切り裂く柴崎のパス、鳥肌もんでしたね。

そしてまたやってくれました!

乾!!

一人かわしてからの無回転シュート

ネット横に突き刺さるゴール

セネガル戦の時もネット横に突き刺さりましたね、お見事ですどちらのシュートも

あれはキーパーとれないですよね!

これで2点先取したところで

眠い目をこすりながらこれは勝った……

と思っていました……でもベルギーは強かった。たちまちの同点からの

アディッショナルタイムでの逆転

呆然としてしまいました、

でもあのベルギーを本気にさせた!

一時は追い詰めた!

日本のサッカーに夢が見れた瞬間でした!

ありがとう日本代表

子供が怪我をした時に文句を言うべきなのか

先日マンションのエントランスで、我が家の長男(5歳)、次男(3歳)が遊んでいました。

そこに同じマンションの兄弟(8歳、4歳)が合流して一緒に遊びました。

3歳次男は年上3人の後をついていくだけで一緒に遊んでいるのか、付け回しているのかもはや分からない状態です。

で、8歳の子が走っていた時、方向転換で振り向いて真後ろにいた次男を突き飛ばしてしまった形になりました。

次男はその際肘をすりむいてしまったのですが、私としてはわざとじゃないし、びっくりして泣いているけど怪我もたいしたこと無いので「大丈夫だよ~」とその場を去りました。

その日の夜兄弟のお母さんがやってきて「ウチの子がすみませんでした!」とわざわざ謝罪に来てくださったのですが、私としてはお互い様なので特に謝ったりしてほしいわけじゃないので、逆に謝れるとどうしてよいか分からず。

でも、逆に考えたら自分の子供が誰かに怪我をさせたら私も謝りにいくわけで、そのさじ加減って難しいなと思いました。

やることは同列なのに、自分が加害者の時はすごく謝って、被害者になるとあまり謝罪を求めないっておかしいですかね?

人によっては「子供に怪我をさせたのに、謝りにこない!」と怒る人もいるかもしれないので、謝っておいて間違いはないと思うのですが。

とりあえず、自分の見ているところで次男の怪我をさせてしまっているので、自分ももっと子供のことを注意してみておかねばと改めて感じましたし、誰かに怪我をさせたらすぐ親に報告するよう長男を指導していかねばと思いました。