うちの猫

家には3年前ぐらいに迷いこんできた猫が1匹います。3年前の6月ぐらいだったか、家の外からミャーミャー声がする、と思って見に行ったら6カ月にもならないぐらいの小さい子猫がいました。飼うつもりはなかったのですが、飼い猫で捨てられたようで人にすり寄ってきたので、まだ子猫だからかわいそうかと思い、その日だけは餌をあげたのです。そしたらその猫、どうにかして家の中に入ろうとするんです。うちを飼われていた家だと勘違いしたのか、はたまた私を親猫と勘違いしたのか、私が猫を呼ぶためにミャーと声を出すと、そこに一目散に寄ってきます。しまいには家の中に入るために3メートルはあろうか、という高さの出窓に飛び上がってよじ登り始めたり、縁の下に入り込んで出られなくなったりしていたので、これはもう飼うしかないかと半ば根負けした形で飼い始めたのです。

猫を飼って分かったのですが、猫って綺麗好きなんですね。家の中に入れて飼っていても独特の獣臭はしないし、飼い猫だったせいか足が土で汚れていると自分で舐めとってしまいます。雨でどろどろの時は風呂場で洗いますが、それ以外はさっと乾いたぞうきんで拭いて終わり。もっと頻繁に洗ったりしてやらなければ臭いかなと思っていたので意外でした。それに家の中をめったやたらに引っ掻いて家具を傷つけたりしないし、飼い猫だったせいか、トイレトレーニングもされていて粗相をしてしまったことも一度もありません。逆に困るのはトカゲやヘビを戦利品とばかりに取ってきて家の中に放すこと。ヘビを取ってきたときはさすがに気持ち悪くて悲鳴を上げてしまいました。どうせならヘビじゃなくて納屋のネズミを捕ってくれればいいのに、と家族で話していますが、なにしろ猫の半分ほどの大きさのデカいネズミなので、あの子にとれるかどうか。でも、なんだかんだ言いつつ毎日猫に癒されていますし、猫を飼うのも悪くないなぁと思います。

始めて見ました…日本の夏と言えば

“日本に生まれて○十年…あまりにも有名な季節イベントを初めて見ました。

それは……
隅田川花火大会!
と、言ってもテレビ中継ですが。。

当日はガッツリ雨で、こりゃ中止になるのかーなどと思っていたのですがバッチリ開催!
花火って結構雨に強いんですね!
そして見物客の方々も非常に雨に強いようでした。(笑)

個人的に一番印象的だったのは、『花火コンクール』!
各花火職人さんたちが自分達でテーマ決め、花火で表現しするものだったのですが、初めは「花火で表現ってなんなのさー?」程度に思ってたんですよね。
でも実際に見てみると、、、確かに花火で表現されてる!!!
花火の光で波の動きや虹の煌めきを表現していたり、クラゲや桜など、具体物を作っていたり。
たかが花火、されど花火。
花火ってこんなにも可能性を秘めたものだったのか、と改めてその魅力に気付かされたように思います。

他にも『ポケモン花火』と称して巨大ピカチュウが空に大量発生したり、漫画の描写のごとく空いっぱいにハートが飛び散ったり。
これどうやって作ってるの!?と思えるものがたくさんありました。

子供の頃から当たり前のように見ている花火…けれど、そんな花火もどんどん進化してるんだなーと驚かされました。

近々、地元でも花火大会ラッシュが始まります。
隅田川はテレビ越しでしたが、今度は実際に自分の目で見て、肌で感じてきたいなと思います。

やっぱり日本の夏って良いな!!”

私がボランティアでやっていたことについて

“私は以前、知人に頼まれてボランティア活動を行っていました。

ボランティアの内容は小学生達と一緒にトランポリンなどをやって遊ぶというものでした。
トランポリンの器具の出し入れは子どもがやると危険ですので、必ず大人2人でやるようにしていました。

その施設のスタッフと私がトランポリンを出しておきます。
子ども達は10人ほど集まるのですが、トランポリンに何人も乗ると危険なので、一度に乗れるのは2名までとし、
遊ぶのは1回につき3分までとしていました。私がストップウォッチを持ち、3分経ったら次の子に交代させていました。

トランポリンをやる施設は学校の体育館のような所で、バドミントンや卓球、バスケットボールなども出来ます。
トランポリンをやるのは主に男子で、小学生の女子は手芸やビーズ細工などを別の部屋で作っていました。

その子達の世話は私と同世代の女性が担当していました。
もちろん、女子でもトランポリンがやりたいと言う子もいるので、やりたいと言われたらやらせるようにしていました。
幸いケガや事故などは起こりませんでした。
私はボランティアとして貴重な体験をさせて頂き光栄に思っています。
これからもやっていきたいとも思っています。”

人間の体が、昔より進化している。

昔の人より、今の人の方が、体が小さいです。なんかの間違いではと、思いました。

江戸時代に比べたら、今の方が大きいですが、昭和時代の人より、今の人の方が小さいです。

食べ物だって良くなっているし、住む環境だって現在の方が、格段にいいはずです。

原因は、DNAが、薄くなっているからだそうです。

大きい人は、外人の要素を持っています。

しかし、遺伝は、5代目で無くなるため、日本人同士の結婚では、体は、大きくなりません。

若い人を見てると、気になることがあります。

頭が小さく、身長の割に、足が大きいです。

スポーツをやらなくて、ゲームばかりなので、体幹が細いです。

手足が細く、宇宙人みたいな体型です。

宇宙人は、人間が進化した未来人なので、近づいてきたのかもしれません。

これで、食が細くなったら完璧です。

わたしが、生きてるいる間は、宇宙人を見る事はできませんが、出来る事なら、長生きして見てみたいです。

子供が産まれたときの体重も軽いので、大きくなることは、ないと思います。

産まれた時の体重×20倍が、将来の体重です。

どんな人でも、細胞は20倍まで、膨らむそうです。

私は、3700グラムで×20倍=74キロで、ピッタリでした。

即日融資を受けるためには借入方法から逆算しよう

即日審査に通っても、カードの到着が郵送しか無ければ実際の借入は数日後となってしまいます。即日融資を受けるためには、借入方法から逆算して申込みするカードローンを選ぶ必要があるわけです。借入に際して専用ローンカードの発行が必要ならば、カードを即日入手出来る手段が用意されている金融業者へ申込みしなければなりません。

大手消費者金融ならば、審査完了後に無人契約機へ立ち寄ればローンカードの発行が可能です。一部銀行カードローンであっても、テレビ窓口開設時間内に間に合えばカード発行を受けられるでしょう。カードの受け取りが確実に出来ると分かってから、カードローンの申込みをする必要があります。

一方、振込融資を受けられるカードローンならば、カードの発行は後回しにしても問題なく、カードレスタイプならばそもそも発行すら必要ありません。カードローン審査に通過して、初回融資申し込みを平日の14時迄に完了出来れば、多くの金融業者で即日融資を受けられるわけです。

自ら指定した自分の銀行口座への振込融資を受けるためには、融資締め切り時間との勝負となります。申し込み時に入力ミスを起こしてしまうと、確認電話が完了するまで審査が止まってしまうので、慎重な申込みが求められるでしょう。

昨晩のLCCピーチのセールの結果は?

本日からLCCピーチのセールが始まりました。5周年記念ということで、これまでで最大のセールのようです。

数日前にこの情報を得て、今まで以上に気合いを入れていたのですが、セール開始の24時には完全に寝ていました。23時まではしっかりと目は開いていたのですが、ちょっと油断した隙に時計は6時まで進んでいたようです。

勿論狙っていたチケットをゲットすることはできず、第2候補、第3候補の路線や日程もチェックしてみましたが、すべて無くなっていました。

まあ今回は5周年記念ということで、1ヶ月間毎日日替わりでセールがあるとのことです。今回の失敗に挫けずに何とか希望のチケットを掴みたいと思います。まずは昼寝をしっかりとしてセール開始の24時に備えたいです。

好き嫌い、食わず嫌いをなくす教育

いままで深く考えたことなかったのですが、今の彼氏と一緒に住んでから食べ物好き嫌いについて頭を抱えるようになりました。

彼はびっくりするくらい嫌いなものが多いのです。

毎日ご飯をつくっては「これなに?大丈夫?」とか「え…これか…」など毎度毎度がっかりしています。

料理はいろいろなものを作れるほうなので、不満しか言われない毎日に将来の不安を感じています(笑)

聞けば、彼は小さいころから嫌いなものをがんばって食べるようにするといった教育を受けていなかったようで

嫌いなものは嫌いのまま、食わず嫌いもそのまま大人になってしまったようです。

私が小さいころ、半強制的に嫌いなものを食べさせられのがすごく嫌だったのを覚えていますが、まさかこんなにもその教育が大事だったとは驚きました。

魚はサバと鮭と秋刀魚しか食べられず、野菜はほうれん草以外食べたくないなどなど

好き嫌いが多いのはかっこ悪いと教えられてきた私は、何を言っても食べない彼に引いてしまいす(汗)

将来子供ができたときは、好き嫌いや食わず嫌いを克服する教育をがんばってしていかないとと強く思いました。

花見をしてもいいが、きをつけてほしいな感じたこと。

ざっとネットで、調べたかぎりでは、マナーの悪さなどが目立っているなと感じた。酒に酔いすぎて分別がつかなくなってきているのが原因ではないだろうか。また、桜の下で、バーベキューをしている映像をテレビで見たりしている。綺麗な桜がいつまでも見たいというのなら、そういう悪いマナーなどをやめてほしいと思う。

ひとそれぞれの楽しみかたがあると思うが、少なくとも守ってほしいルールぐらいは守るべきだと私は思う。

また、外国人に入ってきて、桜を楽しむのは、良いのだが桜を折ったりといったことが行われていることが残念な気がする。せっかく綺麗な花が咲いても、その下で楽しむ人間がマナーやルールを守るべきだと私は思う。

そうでないと、桜もいつの日か咲かなくなる日だってあるかもしれません。そうならないようにするためにルールやマナーを守った楽しみ方をしっかり浸透させる必要があるのではないでしょうか。

そのことを一度考える必要はあると思います。桜は痛くても、中が腐っていたとしても何も言えません。だからこそ我々人間のほうが気をつけるべきではないでしょうか。

日本の桜が本当に誇りだというのなら、「桜と人との関わり方」をもう一度振り返ることはとても大事なことだと思いませんか。

社会人の副業事情はどうなのか。

私は最近、クラウドワークスというサイトに登録して、ちょっとしたお小遣い稼ぎを行なっています。1回500文字程度の文章を投稿して、採用されると10?100円を頂けるような形です。手の空いた時間で行い、一月に5千円程度の収入になるかと感じます。

他にも様々な副業・副収入があるというのがわかりました。

例えば、不動産投資は立派な副収入が入ってきます。自分で保有するまでは時間とお金がかかりますが、買って人が入るようになってしまえば、月に7万程度の不労働収入が入ります。1千万の建物を買ったとすると、13年程度で返金になります。社会人の収入と合わせてとなれば、十分な収入と返済が出来ると思います。

また、株や投資なども注目されています。非課税枠の増えたNISAは、注目されています。120万円の枠で、多額の収入を得ることはありませんが、対価として貰える優待は、立派な副収入です。スーパーなどであれば割引券、メーカーであれば食品を届けてもらえます。これだけで食費は浮くし、配当金も貰えるしで得なポイントしかありません。ただ、難しいというイメージが強いことや、マイナスをくらった際に、元金割れするなど、マイナスのイメージも多いのがあります。

いづれにせよ、副収入で大金を得ようとすると、それなりのリスクを背負う事になります。バランスを考えて、自分にあうようにしなければ、元も子もありません。