18年かけ続けた縮毛強制が止めれた理由

実に18年間かけ続けた縮毛強制。髪の傷みや、頭皮の乾燥が気になり、何度か止めたくて美容師さんに相談したり自分で色々調べたりしました。

でも縮毛強制を止めるには、今ある縮毛強制のかかっている部分の髪を全部切らないといけないというところで、まずつまずきました。

髪の伸びる速度にもよるかもしれませんが、最低でも一年半はかかると美容室さんに言われ、毎回断念。

十ヶ月くらいは耐えるのですが、根元のうねりとストレートの部分が共存している時期こそ変な髪型は無いのです。

その時期を一年以上耐えるのは、癖の強い私にとってはとても辛くまた、仕事で毎日外に出る身としてはやはり無理でした。

しかし、第二子を妊娠した事をきっかけに(切迫早産で長い事入院していた為、否応無しに一年以上美容室に行く事が出来ませんでした。)その機会がついにやってきました。

結局、最後に縮毛強制を掛けてから一年と二ヶ月後に美容室に行く事になりました。

今回は、簡単に美容室に行けない田舎に引越していた為、(美容室は小学生の上の子の夏休み等の長期休みに実家に帰った時きのみ、大体四、五ヶ月に一度のペースで行きます。)行きつけの美容室はタイミングが合わず夏休みの為予約がいっぱいで取れませんでした。

そこで、癖毛カットの出来る別の美容室を探して恐る恐る行った所、ショートにサササッとカットしてくれました。

ショートなんて、縮毛強制なしにしたら大爆発間違いなしです。

しかし、ドライヤーで乾かすだけで縮毛強制を掛けたようにストレートな仕上がりでした。

魔法のようです。

今まで縮毛強制を掛けていた時間は何だったのでしょう。自宅でも簡単に再現できます。恐るべし癖毛カットです。