古本屋さんへ寄ってきました。

帰りに古本屋さんへ寄ってきました。

寄った古本屋さんは個人が経営しているタイプのお店。

お店の前にワゴンがいくつか置かれていて、定期的にそのワゴンの中を変えてくれるので、いつも置かれている本が違うのです。

ジャンルもいろいろで、小説から実用書まで同じワゴンに入っているので、知らない本と出会えて面白いです。

しかもたまに100円セールとかしてくれるので、お得な本とも出会えるチャンスでもあります。

きっとセドリとかしている人にとっては、チャンスなんでしょうね~。

セドリなんてしたことがないのですが。

まあ、今回結局2冊購入してしまいました。

1冊200円で販売していて、計400円でした。

購入したのは芸術系の内容の本と、小説です。

買わなくてもいいかなと思ったのですが、こういうのって出会いだと思っているのです。

この瞬間にしか出会えないもので、何か意味があるとまでは言わないですが、これを逃すともう巡ってこない感じがあります。

なので気になる本は、出会いだと思って購入してしまいます。

今回購入した小説は、実は「永遠の0」です。

以前から気になっていたものの、分厚いので読むのを躊躇っていました。

でも、古本だし、200円だしという理由をつけて購入してしまいました。

さあこれからこの部厚い本を読破しなければなりません。

がんばろう!